ホーム > 全件表示 > 地域の皆様へ > 『第2回地域シミュレーション研修会』を開催しました

『第2回地域シミュレーション研修会』を開催しました

更新日付 2018.07.24

7月14日(土)、地域一体となり患者・利用者の安全確保と医療従事者の質向上を図ることを目的に今年2回目の『地域シミュレーション研修会』が開催されました。今回はグループホーム雅の郷、老健いやしの郷、当院看護介護職の計13名が参加しました。聖ヶ丘病院7階多目的室を中心に、会議室・ティールームを使用し『BLS』から始まり、『骨折を疑う転倒発見時の対応』のシミュレーション。初めは緊張と戸惑いから静かな中、始まりましたが徐々に意見が飛び交いはじめ、笑顔、笑い声あり賑やかに進んでいきました。普段の業務を振り返りつつシミュレーションを繰り返すことによって、さらに気付きが生まれ対応力が養われ、終わってみれば充実感、達成感に満ちた笑顔の学習者たちがいました。
「施設に戻ったらスタッフの皆にも伝えたい」「こういう研修だったら何度でも受けたい」などの感想も聞かれ、満足度の高い研修となったことは嬉しい限りです。
学習者の皆さんと同様、当スタッフの皆も、さらに成長した一日となったことでしょう。
お疲れ様でした。

(シミュレーション教育普及プロジェクトチーム:横田 倫子)


s_IMG_4262
s_IMG_4294
s_IMG_4309
s_IMG_1302
s_IMG_1278
s_IMG_1303
s_IMG_1311
s_IMG_1326


最新の記事10件を表示

ページ先頭へ