ホーム > 施設紹介 > 聖ヶ丘病院 > 野球部

野球部

伊達聖ヶ丘病院硬式野球部について

この野球部は軟式野球部時代から数えると、今年で37年の歴史があります。
現在のチーム名とは異なりますが、「社会福祉法人幸清会」として朝野球から始まり、軟式野球連盟に加盟。
北海道大会への出場は常連となり、地元でも強豪と言われるチームに育ちました。
社会福祉施設軟式野球全国大会では優勝、準優勝。国体・天皇杯の北海道大会でベスト4、北海道知事杯の優勝で全国大会にも出場しています。
これら軟式野球で実績を築き、このチームがハイレベルの野球を続けることで地域の活性化や、地域貢献活動団体としてボランティア活動にも積極的に取り組んできました。
平成18年1月5日には、日本野球連盟に硬式野球クラブチーム「社会福祉法人幸清会」として登録し、その後、現在の伊達市に拠点を移し平成22年3月1日から「伊達聖ヶ丘病院」のチーム名で活動しています。

野球部の主な活動

都市対抗野球大会
毎年夏に行われる社会人野球のトーナメント。5~6月に地区予選大会が開催され、地区代表チームが東京ドームで激突する。また、各チームの応援合戦も目玉の一つとなっている
全日本クラブ野球選手権大会
日本野球連盟加盟チームのうち、クラブチームとして登録しているチームを対象に毎年行われている。全国大会は、各地区代表チームが西武ドームで激突する。
東日本クラブカップ選手権大会
東日本・中日本・西日本の3地区に分け、それぞれを独立した大会として行なわれる。対象地域:北海道、東北、北関東(茨城・栃木・群馬)で代表決定戦の場所等はその年によって異なる。

»伊達聖ヶ丘病院硬式野球部 公式ホームページ

ページ先頭へ