ホーム > 全件表示 > 地域の皆様へ > 臨床実習生が札幌見物に行って来ました

臨床実習生が札幌見物に行って来ました

更新日付 2014.06.13

弘前医療福祉大学言語聴覚専攻2名の男子学生と埼玉県の日本医療科学大学理学療法専攻男子1名、女子1名の計4名の学生がよさこいソーランで賑わう札幌見物をして来ました。9週間の長い臨床実習のなか、「北海道文化研修」と称して文化・歴史・郷土を訪ね、一時の息抜きをして来たものです。

自然に恵まれた街は華やかさや優雅なよさこい踊りで活気に溢れ、味噌ラーメンの食文化に舌鼓を打ち、時計台に代表される歴史に大志を抱いたようです。そして観光スポットであるテレビ塔では偶然「真・階段のぼり」イベントに挑戦しました。90メートル展望台までの453段を制覇したご褒美に株式会社さっぽろテレビ塔から達成証明書を頂きました。本州から来ている学生達に恒例のようにリハスタッフ44人がJRや経費をカンパしてのおもてなしは大成功でした。

時計台

賞状


最新の記事10件を表示

ページ先頭へ