ホーム > 全件表示 > その他 > 施設内研修 「自分たちの思う不適切ケアって何?」 を開催しました

施設内研修 「自分たちの思う不適切ケアって何?」 を開催しました

更新日付 2015.03.17

平成27年2月に北湯沢温泉いやしの郷全職員を対象とした施設内研修 『自分たちの思う不適切ケアって何?』 が2月2日から2月13日の間の6日間の日程で開催されました。この6日間の日程に勤務の都合で参加することが出来なかった職員6名に対しては、2月26日に追加で研修日を設け、職員全員の参加となりました。
今回の研修は、グループワークを中心に行われ、用意された事例について自分たちが行うべきケアとは何かを話し合い、自分の意見を述べ人の意見を聞くことで、今以上に虐待防止に対する意識を高めていこうというものでしたが、研修後のアンケートの結果も、「虐待防止に対する意識の高まりがあった。」「これからも、研修などを通して勉強していきたい。」「日々の業務の中でつねにさらに良いケアをしていく。」などの回答が得られました。
今後も研修を始めとした数々の取り組みによって虐待防止に積極的に取り組んでいきます。

P1050603
P1050642


最新の記事10件を表示

ページ先頭へ