ホーム > 施設紹介 > 聖ヶ丘病院 > 聖ヶ丘病院 連携相談センター

聖ヶ丘病院 連携相談センター

連携相談センター

聖ヶ丘病院 連携相談センターの役割

連携相談センターは「地域連携部」と「医療相談部」からなる連携・相談・調整の機能を持った総合相談窓口です。
病院内外の連携におけるワン・ストップサービス相談窓口を目指します。

連携相談センター

地域連携部

病院・診療所との連携
医療機関の機能分化が進み、急性期・回復期・慢性期・プライマリーケアなど、各々の機能・役割を持つ医療機関が連携して医療サービスを展開しております。
スムーズな受診・受療体制を構築するために、地域の医療機関相互のタイムリーな情報交換を行っていきます。
介護・福祉施設等との連携
有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅など高齢者の「住まい方」が多様化しても、疾病管理や急病に対する対応の必要性や重要さは変わりません。
介護施設からの受診・入院要請や、治療を終えた後に介護施設へ入所・再入所される際にも、常日頃から連携窓口が機能していることで、何にも代えがたい安心を提供しております。
各種機関との連携
保健・福祉行政機関はもとより、地域の相談支援事業所・介護サービス事業所等との連携をスムーズにすることで、住み慣れた地域での生活を支援する地域の医療機関としての役割を担っていきたいと考えております。
団体・資源との連携
医療・福祉に携わる職員間の交流支援として、各種協議会や連絡会などの団体への参加、研修会の企画運営などにも積極的に取り組んでおります。
帳票ダウンロード
各種帳票はこちらからダウンロードができます。
icon-pdf-h18看護連絡書
icon-pdf-h18地域連携講演会申込(出前講演)
icon-pdf-h18入院申込書
icon-pdf-h18胃瘻用情報提供書
icon-pdf-h18嚥下情報シート

医療相談部

入院から退院を通した個別相談・支援
住み慣れた地域で様々な社会資源を利用しながら安心して暮らしていただくために、個別の相談支援を行っております。
入院から退院までの様々な相談支援の窓口として各病棟に社会福祉士を配置して療養やリハビリテーションを側面的にお手伝いをいたします。
患者家族の方々にとっての身近な存在を目指して活動しております。
保健・福祉制度活用の案内・相談
介護保険制度をはじめ色々な保健福祉制度を利用するための複雑でわかりにくい制度をできるだけわかり易くご案内いたします。
また、申請手続きの方法やお手伝いなど、関係諸機関と連携した支援をさせていただきます。
退院後の生活についての相談・支援
高齢社会における様々な「住まい方」をご提案し、介護保険施設、サービス付き高齢者向け住宅、有料老人ホームな
どの施設の紹介や入所手続きのお手伝いをいたします。
また、自宅に戻る際の居宅サービス、他の医療機関への転院
などのご相談を承ります。
権利擁護に関する相談・支援
高齢や障がいのため、判断能力に不安をお持ちの方々が地域で安心した生活を送れるように、また、望ましくない環境で生活することのないように、権利擁護のための制度やサービスがあります。
このような相談窓口の一つとしても活用して欲しいと考えております。

ご利用について(土・日・祝祭日を除く午前8:30~午後5:00)

7階連携相談センターに直接ご連絡いただくか、各病棟毎に社会福祉士が担当配置されていますのでナースステー
ションまたは受付にお申し付けください。
所在地 〒052-0014
北海道伊達市舟岡町214番地22 聖ヶ丘病院7階
Tel 0142-25-0100
Fax 0142-22-1260

ページ先頭へ