ホーム > 施設紹介 > 聖ヶ丘病院 > 診療部

診療部

内科・消化器科

内科・消化器科のご案内

聖ヶ丘病院での内科・消化器科診療について
外来部門においては、一般内科を中心に診療体制を取っておりますが、消化器科医師は各自の専門知識を活かしどなたにでも分かり易い説明に心がけて診察、検査、治療を行っております。当院で特徴的な取り組みとして、御高齢者に多い摂食・嚥下(えんげ)困難に対して嚥下訓練を目的とした診察・検査・リハビリに積極的に取り組んでおります。
また、当内科外来では専門医師による糖尿病診療を行っており、栄養士による食事指導はもちろんのこと糖尿病療養指導士と共に服薬指導や生活指導を行っています。さらに専門医師、看護師、薬剤師、栄養士と理学療法士による糖尿病教室を毎月第2火曜日に行っており、糖尿病患者さんが糖尿病を正しく理解し、よりよい療養生活を送れるようお手伝いしています。
入院部門では、療養型の目的である「ゆとりのある入院治療」を院内一丸となり行っておりますが、摂食・嚥下困難な方で必要性のある場合には、胃瘻造設(いろうぞうせつ)・胃瘻(いろう)ボタン交換を行っております。
当院は、NPO法人PEGドクターズネットワーク(PDN)に、「PEGを施行している医療機関」、「嚥下・摂食指導が受けられる病院・施設」として登録しています。
PEG:経皮内視鏡的胃瘻造設術(Percutaneous Endoscopic Gastrostomy)
NPO法人PEGドクターズネットワーク(http://www.peg.or.jp/ )
※外部リンク(別ウインドウで表示します。)

循環器内科

院循環器内科のご案内

循環器内科について
循環器内科というのは、主に心臓、脳、下肢などの血管と心臓の機能、不整脈などを診る科のことです。循環器の病気の大半は、動脈硬化により血管が詰まったりすることで、例えば心臓、脳の血管が詰まってしまうと心筋梗塞、脳梗塞になる、といった具合に体の色々な臓器に障害をあらわすことで起こります。また血管が硬くなることで血圧が高くなり「高血圧」になったり、高血圧を放置することで「心房細動」という不整脈を合併して脳梗塞になったりします。これらを予防・治療するのが循環器内科というところです。
心筋梗塞や脳梗塞は、そのほとんどが動脈硬化の結果として起こるのですが、動脈硬化は生きているうえでは避けられないものといわれています。しかし原因としては、加齢の他に色々なものがあり、脂質異常症、高血圧、肥満、喫煙など目をつけられているものが多くあります。これらの異常に対する治療については、最近の研究では沢山の危険因子をいくつかコントロールがされても不十分な管理のものを残すと予防効果がそう期待できない、と言われ始めてきました。動脈効果危険因子を全て把握して正常の値に近づける必要があると言うことです。このような観点から血管の病気を目の当たりにしてきた循環器科医師の役割は大切で、脳や血管の動脈硬化の状態を把握しながら悪くならないように予防診療に一歩踏み出して管理をすることが求められています。
聖ヶ丘病院での院循環器内科診療
譲仁会聖ヶ丘病院循環器内科は、救急に関しては未だ御要望にはお応えできませんが、まずその第一歩として通院される患者様の循環器疾患の丁寧な管理に努めて、さらに循環器疾患の一次・二次予防の啓蒙に力を注ぎたいと思います。救急を担当していただいている室蘭・伊達地域の各病院とは連携をとりながら診療の充実を図って参りたく考えております。

循環器内科 勝賀瀬 貴


外科

外科のご案内

聖ヶ丘病院での外科診療について
聖ヶ丘病院では平成20年4月より外科を開設しています。現在、吉川、岡野の2名体制にて診療しています。
診療内容は、

(1)手や足などの身体表面の外傷(顔面を除く)、消毒や縫合が必要ないわゆる「けが」
(2)粉瘤(アテローム)や脂肪腫などの皮下良性腫瘍の摘出手術
(3)痔核などの肛門疾患
(4)乳腺、甲状腺の腫瘤

などの診断と治療を行っています。
2人とも長年にわたって、大学病院、市中病院などの急性期病院で、胃、食道、大腸、肝・胆道、すい臓、乳腺、甲状腺など、多数の手術経験および臨床経験があります。しかし、当院では全身麻酔を必要とする手術を行う設備、体制を備えておりませんので、必要な場合は伊達赤十字病院や室蘭市の急性期病院を紹介いたします。なお上記の疾患の術後で、薬を貰うためにわざわざ遠くの病院へ通院している方で、希望する方は、主治医の紹介があれば当院で経過観察や薬の処方ができますのでご相談ください。
外来診療は月、水、金の午後、予約診療で行っています。しかし、緊急の場合は可能であればいつでも診察いたしますので電話でご確認の上ご来院ください。

外科 吉川 紀雄


整形外科

整形外科のご案内

整形外科について
整形外科とは運動器の疾患と外傷を扱う分野です。「運動器」とは骨や軟骨、筋肉、神経、腱など体を動かすことに必要な器官のことを言います。例えば呼吸に関わる器官を「呼吸器」、消化に関わる器官を「消化器」というのと一緒です。
整形外科外来には運動器に関する痛みで来院される方がほとんどで、特に膝の痛みと腰の痛みで来られる方が特に多くなっています。中高齢者の方々の膝の痛みの原因となる代表疾患である変形性膝関節症や、腰の痛みをきたす椎間板変性症や変形性脊椎症など、そのほか脚のしびれの原因となる腰部脊柱管狭窄症、また骨が脆弱になる骨粗鬆症とそれに伴って起こる骨粗鬆症性の骨折(大腿骨近位部骨折、胸腰椎圧迫骨折、橈骨(とうこつ)遠位端骨折)などは整形外科で治療をおこないます。
聖ヶ丘病院での整形外科診療
当院における整形外科でも、関節リウマチや変形性関節症、骨粗鬆症などの加齢に伴う運動器疾患や日常遭遇する捻挫や打撲、骨折などの診療をおこなっています。地域住民の運動器の健康を守るために近隣の病院とも連携を保ちながら、必要に応じて各分野の専門医への紹介もおこなっております。

脳神経外科

脳神経外科のご案内

平成21年10月1日より脳神経外科を開設いたしました。担当の井上慶俊(よしとし)です。昭和27年十勝の大樹町生まれで、昭和53年に札幌医科大学を卒業して、同大学脳神経外科学講座に5年間在籍し、王子総合病院(苫小牧市)に1年間、昭和59年から26年間大川原脳神経外科病院(室蘭市)に勤務していました。平成4年から伊達市民となり、また趣味の基礎スキー指導員として、平成11年から伊達スキー連盟に所属しています。これまで脳神経外科専門医、脳卒中専門医として仕事をしてきましたが、残り3分の1の医師人生で、伊達市を中心とする胆振西部の皆さんのお役に立つことができれば、と考えています。どうぞよろしくお願いいたします。
脳神経外科について
脳神経外科というと皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?
中枢神経系(脳と脊髄(せきずい))と末梢神経系(脊髄神経と脳神経)の疾患を扱う診療科で、脳卒中(脳梗塞(こうそく)、脳内出血、くも膜下出血)や頭部外傷などの救急疾患、また脳・脊髄腫瘍(しゅよう)に加え、てんかんやパーキンソン病、慢性頭痛や顔面けいれん、末梢性顔面神経まひなどの病気を対象としています。これらの病気の予防や診断、手術的治療や非手術的治療、リハビリテーションを行うのが脳神経外科です。入院が必要な病気で圧倒的に多いのは脳卒中や頭部外傷ですが、そのすべてに手術的治療が必要となるわけではなく、基本は薬による治療とリハビリテーションです。頭痛やめまい、物忘れ、半身のしびれ、顔半分のまひやピクつき、舌がもつれる、言葉が出にくいなどの症状でお困りの方々のお役に立ちたいと思います。
聖ケ丘病院での脳神経外科診療
聖ヶ丘病院は主に「慢性期医療」を提供する病院としての役割を担っていますので、これらの脳神経外科診療すべてを行えるわけではありません。とくに手術的治療や脳卒中の急性期治療に関しては、大川原脳神経外科病院はもちろん市立室蘭総合病院脳神経外科とも連携しながら適切に対応していきます。ただし、慢性硬膜下血腫に対する手術(穿孔洗浄術)は当院でも行なっています。またパーキンソン病など神経難病に関しては、伊達赤十字病院神経内科はじめ大川原脳神経外科病院神経内科との連携も不可欠と考えています。さらに、ほかの慢性期病院などに入院されている患者さんや介護保健施設に入所されている方の、転倒による頭部外傷や脳卒中再発などに関しても専門的立場から対応させていただきます。胆振西部医師会の皆さんとともに、「在宅医療」や保健・福祉分野などとの連携を図りながら、「地域完結型医療」の一翼を担っていければ幸いです。

脳神経外科 井上 慶俊

ページ先頭へ