ホーム > 施設紹介 > 聖ヶ丘病院 > 薬剤部

薬剤部人員紹介

薬剤部は薬剤師8名 助手1名が在籍しています。
現在薬剤部は大きく調剤科と医薬品情報科の2つに分かれており、調剤科6名、医薬情報科2名で仕事をしています。

業務内容

調剤業務
薬剤部では入院患者さまのためのお薬を作っています。
外来は100%院外処方となっています。
私たちの調剤は患者さまが入院された際に、外来や他の医療機関から処 方され持参された薬を確認することから始まります。当院 では薬の一包化をおこなっており、1日単位の1セットで 調剤しています。お薬を作るときは患者さまのお薬の履歴 を必ず確認し、重複しないようチェックしています。
注射薬に関してもひとりひとりに出された注射処方箋に 基づき、1日ずつを1セットにして患者さまの氏名と薬剤名 が記載されたラベルシールを貼り付け、管理しています。

薬剤管理指導

薬剤管理指導の様子

病棟では薬剤師が医師や看護師、また必要に応じてリハビリスタッフや管理 栄養士と連携をとりながら薬剤管理指導業務をおこなっています。
薬剤管理指導は患者さまに使われる薬について副作用や相互作用などをチェックし、薬についての相談や情報提供をしています。
入院時には必ず患者さまの診断名、入院経過、既往歴、アレルギー歴など基本情報を収集し、薬物療法をより効果的におこなうことを目的としています。
患者さまはもちろん、スタッフにも薬に関する情報を提供しており、相談にも応じています。ご家族の方もお気軽にご相談ください。
医薬品情報管理
医薬品情報管理室ではお薬に関する文献を揃え、厚生労働省や製薬会社等から様々な情報を収集しています。 それらを基に医薬品集や医薬品ニュースを発行して医師や看護師などに情報を提供しています。
また定期的に医師との合同勉強会を開催し、常に新しい情報を得て安全で効果的な医療をおこなえるよう努めています。
さらに最近認知されつつあるジェネリック医薬品(後発医薬品)についても先発医薬品との比較検討を十分におこない、 患者さまに安全で安心な医薬品を提供していきたいと思います。
学生実習受け入れ
そのため当院では次世代を担う薬剤師を育てようと実習生の受け入れを積極的に取り組んでいます。
実習スケジュールに従い、当院独自の様々な実習も取り入れ、将来の薬剤師育成に貢献しています。
お薬に関することは、何でもお気軽にお問い合わせください。
また、慈恵会の広報誌に薬剤部のコーナーとして、「薬伊達YOU(やくだてよう)‼(お薬Q&A)」を掲載しています。
是非、そちらもご覧ください。掲載記事に関する質問なども随時お受けしております。

災害時のお薬の備え

2011年3月11日に起こった東日本大震災、台風や豪雨といった自然災害に直面し、昨今皆様の防災への意識も高まっていることと思います。
避難経路の確認や、懐中電灯等の防災必需品の準備等を普段から心がけておくことで、もしもの際の落ち着いた対応に繋がります。
避難時には普段から服用している薬剤を確保することも困難となる場合があり、私たちも有珠山の噴火を経験し、薬剤師の立場から、防災対策のひとつであるお薬の備えについて考えてみました。
「災害時のお薬の備え」と題し、災害時、緊急時に備える事柄をまとめました。
外出時に持ち歩くもののチェックリストにもなります。防災対策の一助としてご活用いただければ幸いです。

ページ先頭へ