ホーム > 施設紹介 > 訪問看護ステーション聖ヶ丘 > 利用案内

利用案内

利用案内

訪問看護は、医療保険と介護保険のどちらでもサービスを受けることが出来ます。
担当ケアマネージャーがおられる方は、ケアマネージャーへ利用希望をご相談してみて下さい。担当者がいない場合など、ご不明な点やご相談は当看護ステーションへお気軽にお問い合わせ下さい。

1.利用の流れ

医療保険で利用する場合
年齢に関わりなく、かかりつけ医の指示書に従ったサービスが受けられます。
利用希望者からかかりつけ医への相談。
かかりつけ医が訪問看護指示書を作成して、訪問看護ステーションへ指示書の交付。
利用者と訪問看護ステーションとの契約締結。
訪問看護ステーションから、訪問看護指示書に従った、利用者へのサービスの提供。

介護保険で利用する場合(要支援、要介護認定を受けている場合)
要支援または要介護に該当している方は、担当ケアマネージャーに相談して居宅サービス計画に訪問看護を入れてもらいます。
利用希望者から担当ケアマネージャーに利用の相談。
ケアマネージャーからかかりつけ医への訪問看護指示書交付の依頼。
かかりつけ医が訪問看護指示書を作成し、訪問看護ステーションへ指示書の交付。
利用者と訪問看護ステーションとの契約締結。
訪問看護ステーションから、訪問看護指示書に従った、利用者へのサービスの提供。

2.医療保険と介護保険の利用形態の違いについて

年齢医療保険で利用介護保険で利用
65歳以上要介護認定が非該当。
要支援・要介護該当者のうち厚生労働大臣が定める疾病の方、がん末期や急性増悪など。
要支援或いは要介護と認定されている。
40歳~64歳まで右記以外。
要支援または要介護のうち厚生労働大臣が定める疾病の方、がん末期や急性増悪など。
加齢に伴う特定疾病(末期がん含む)が原因で要支援または要介護と認定されている。
40歳未満40歳未満の方は全て医療保険を利用。

3.サービスの内容

健康相談
身体についての健康相談(血圧、体温、呼吸、脈拍等ののチェック)
精神と心理的なことの相談(不安な精神状態のケア、日常生活リズムの調整、社会生活へ復帰の援助)。

日常生活や認知症の看護
食生活や排せつ、清潔の援助。
寝たきり防止のための援助。
認知症への対応方法や事故防止の指導や相談。

処置や管理
褥瘡(床ずれ)や創傷部の処置とカテーテル等の管理。
かかりつけ医の指示による処置と検査。

在宅リハビリテーション(理学療法による)
日常生活動作の訓練や体位交換の仕方や関節の可動訓練などの指導。
福祉器具の利用相談。
自立や社会復帰への支援。

ご家族へのアドバイス
療養環境の整備やご家族への清潔保持や食事や排泄の相談や助言。

ページ先頭へ